簡素なお葬式、寺葬とは?

お寺の葬儀の手続き

お寺の葬儀の手続きの写真

ご家族が病院で亡くなった場合は、死亡診断書を受け取ってすぐに遺体を安置する場所を探す必要があります。

ご遺体を移動させる場所は、自宅で行うのか、寺葬を行うお寺で行うのか、できるだけ早く決めておかなければなりません。そのため、寺葬を行う際には、まず自宅のお寺に連絡して相談してみましょう。.お寺にもよりますが、葬儀場は遺族が利用したい葬儀場であればどの葬儀場でもよいのですが、利用できる葬儀場があれば、菩提寺から遺族が慣れ親しんでいる信頼できる葬儀場を紹介してもらえることが多いです。一方、菩提寺がない場合は、葬儀社に話をして、お寺で葬儀をしたい旨を伝えることができます。寺葬であっても、基本的な手続きは儀式と同じです。
1.搬送と配置
2.神殿の棺と通夜。
3.お寺での葬儀・告別式。
4.火葬
葬儀がお寺で行われる場合は、火葬後にそのお寺の墓地やコロンバリウム、樹木葬などに埋葬されるのが一般的ですが、お寺の場合は、そのお寺の墓地やコロンバリウム、樹木葬などに埋葬されるのが一般的です。菩提寺で葬儀を行えば、先祖代々のお墓に故人を埋葬する手続きが無事に完了します。ただし、菩提寺から遠方に住んでいる場合や、菩提寺が菩提寺とは別のお寺の場合は お寺で葬儀を行わない場合は、事前に葬儀を行うお寺に確認しておきましょう。私はやりますが、自信がないと後々トラブルになる可能性があるので気をつけましょう。