簡素なお葬式、寺葬とは?

お寺の葬儀にかかる費用

お寺の葬儀にかかる費用の写真

お寺のお葬式の費用は、通常のお葬式と大差ありません。

しかし、お寺の葬儀では、本堂や檀家などの施設の利用も、お寺に支払う料金となります。葬儀社が一緒に手配した場合は、葬儀社から提示された金額を葬儀社に支払うことになります。. しかし、自分で直接お寺にお金を払う場合は、葬儀を依頼する前に、見積もりを出して準備をしたり その他、市場を適切に調査する方法祭壇を設置する費用をかけずに、そのまま本堂の葬儀に使用することができます。場合によっては、全体のコストを抑えることもできます。お寺によって異なるので注意が必要です。一方、お供え物は、戒律や読み物に感謝の気持ちを捧げるものです。普通のお葬式と同じように、これらも金額が決まっているわけではありません。お供え物の基本額は、読経代15万~30万円、旅行代5000円、食事代5000~1000円となっています。 一つには、お寺の費用は戒名料に大きく左右されるとも言えます。一般的には、「公家」は15万円から30万円、「僧侶」は30万円から50万円です。 万円など 例えば、一番安い金額は31万円ですが、地域によって多少金額が異なる場合があります。例えば、一番安い金額は31万円ですが、地域によって金額が若干異なる場合があります。異なっている可能性があることに注意が必要です。一般的には、お通夜の後や、葬儀や告別式の頃と言われています。戒名料という言葉はあまり適切ではありません。戒名もお供え物ですから、料金とは別のものであるべきです。戒名料と呼ぶのを嫌がるお寺もあるので注意が必要です。