簡素なお葬式、寺葬とは?

なぜお寺の葬儀を選ぶべきなのか?メリットとデメリット

なぜお寺の葬儀を選ぶべきなのか?メリットとデメリットの写真

近年、葬儀の選択肢が多様化していることから、親族だけで静かな葬儀を行うご家庭が多くなっています。というのが、まず第一に挙げられます。“自宅で葬儀を行うのは難しいが、葬儀のために講堂で大広間を借りるほど難しくはない。このような時こそ、寺葬を選ぶことができます。寺院葬であれば、葬儀の規模に関係なく祭壇や席を設けることができるからです。もう一つの理由は、格式の高い寺院の本堂で葬儀を行うことができること、祭壇がすでに設置されていることからです。お寺は、仏壇にお金をかけなくてもいいというメリットがありますし、仏教徒に適した場所で葬儀を行うことができます。葬儀という選択肢を好む人が多い。菩薩のいる家族は特に寺葬を選びます。寺院葬のデメリットは、仏教徒であっても限られた宗派に限定されがちなことです。寺院施設とは、基本的にはダンカスをはじめとする各寺院の信徒の利益のために建てられた建物のことです。そのため、ダンカとそうでない人では、お寺の施設を利用するための費用が異なります。制度を含めた利用ルールに矛盾があると、お寺の運営に支障をきたす可能性があります。葬儀は1つのお寺で行います。葬儀をすることに慣れていないお寺など、様々な制約がある場合もあります。また、お寺が特定の葬儀社を指定してくれることも多いです。指定の葬儀社しか利用できない場合は、事前にどのような葬儀社がいいのかを調べておくといいでしょう。お会いすることになりました。予算も知っておきましょう。また、お寺は葬儀を行うために建てられた葬儀場よりも利用しにくいです。. お寺によってはバリアフリー設備がないため、高齢者には負担になりますし、駐車場も限られています。このようなケースもあります。

長い間、先祖代々のお墓を持っている家庭であれば、どこの家庭でもお寺の葬儀を行うことになります。最近では、菩提寺を持っていない方でも寺葬ができるようになりました。お寺の葬儀に興味はあるけど、どのようにすればいいのかわからない」「お寺の葬儀についてもっと詳しく知りたい」という方は、下記までご連絡ください。 連絡先 ご興味のある方は、無料相談を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。お気軽にお電話でお問い合わせください。